万葉集2074番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2074番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2074番について

歌番号

2074番

原文

天<河>|渡湍毎|思乍|来之雲知師|逢有久念者

訓読

天の川渡り瀬ごとに思ひつつ来しくもしるし逢へらく思へば

かな読み

あまのがは|わたりぜごとに|おもひつつ|こしくもしるし|あへらくおもへば

カタカナ読み

アマノガハ|ワタリゼゴトニ|オモヒツツ|コシクモシルシ|アヘラクオモヘバ

ローマ字読み|大文字

AMANOGAHA|WATARIZEGOTONI|OMOHITSUTSU|KOSHIKUMOSHIRUSHI|AHERAKUOMOHEBA

ローマ字読み|小文字

amanogaha|watarizegotoni|omohitsutsu|koshikumoshirushi|aherakuomoheba

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|七夕

校異

漢->河【元】【類】【紀】

寛永版本

あまのがは,[寛]あまのかは,
わたりぜごとに,[寛]わたるせことに,
おもひつつ[寛],
こしくもしるし[寛],
あへらくおもへば,[寛]あへらくおもへは,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました