万葉集2296番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2296番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2296番について

歌番号

2296番

原文

足引乃|山佐奈葛|黄變及|妹尓不相哉|吾戀将居

訓読

あしひきの山さな葛もみつまで妹に逢はずや我が恋ひ居らむ

かな読み

あしひきの|やまさなかづら|もみつまで|いもにあはずや|あがこひをらむ

カタカナ読み

アシヒキノ|ヤマサナカヅラ|モミツマデ|イモニアハズヤ|アガコヒヲラム

ローマ字読み|大文字

ASHIHIKINO|YAMASANAKAZURA|MOMITSUMADE|IMONIAHAZUYA|AGAKOHIORAMU

ローマ字読み|小文字

ashihikino|yamasanakazura|momitsumade|imoniahazuya|agakohioramu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋相聞|植物|恋情

校異

特に無し

寛永版本

あしひきの[寛],
やまさなかづら,[寛]やまさなかつら,
もみつまで,[寛]もみつまて,
いもにあはずや,[寛]いもにあはすや,
あがこひをらむ,[寛]わかこひをらむ,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました