万葉集2125番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2125番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2125番について

歌番号

2125番

原文

春日野之|芽子落者|朝東|風尓副而|此間尓落来根

訓読

春日野の萩し散りなば朝東風の風にたぐひてここに散り来ね

かな読み

かすがのの|はぎしちりなば|あさごちの|かぜにたぐひて|ここにちりこね

カタカナ読み

カスガノノ|ハギシチリナバ|アサゴチノ|カゼニタグヒテ|ココニチリコネ

ローマ字読み|大文字

KASUGANONO|HAGISHICHIRINABA|ASAGOCHINO|KAZENITAGUHITE|KOKONICHIRIKONE

ローマ字読み|小文字

kasuganono|hagishichirinaba|asagochino|kazenitaguhite|kokonichirikone

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|奈良|地名|植物

校異

特に無し

寛永版本

かすがのの,[寛]かすかのの,
はぎしちりなば,[寛]はきしちりなは,
あさごちの,[寛]あさこちの,
かぜにたぐひて,[寛]かせにたくひて,
ここにちりこね[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました