万葉集2312番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2312番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2312番について

歌番号

2312番

原文

我袖尓|雹手走|巻隠|不消有|妹為見

訓読

我が袖に霰た走る巻き隠し消たずてあらむ妹が見むため

かな読み

わがそでに|あられたばしる|まきかくし|けたずてあらむ|いもがみむため

カタカナ読み

ワガソデニ|アラレタバシル|マキカクシ|ケタズテアラム|イモガミムタメ

ローマ字読み|大文字

WAGASODENI|ARARETABASHIRU|MAKIKAKUSHI|KETAZUTEARAMU|IMOGAMIMUTAME

ローマ字読み|小文字

wagasodeni|araretabashiru|makikakushi|ketazutearamu|imogamimutame

左注|左註

右柿本朝臣人麻呂之歌集出也

事項|分類・ジャンル

冬雑歌|非略体|恋愛

校異

歌【西】謌

寛永版本

わがそでに,[寛]わかそてに,
あられたばしる,[寛]あられたはしり,
まきかくし[寛],
けたずてあらむ,[寛]けすともあれや,
いもがみむため,[寛]いもかみむため,

巻数

第10巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました