万葉集2021番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2021番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2021番について

歌番号

2021番

原文

遥ほ等|手枕易|寐夜|鶏音莫動|明者雖明

訓読

遠妻と手枕交へて寝たる夜は鶏がねな鳴き明けば明けぬとも

かな読み

とほづまと|たまくらかへて|ねたるよは|とりがねななき|あけばあけぬとも

カタカナ読み

トホヅマト|タマクラカヘテ|ネタルヨハ|トリガネナナキ|アケバアケヌトモ

ローマ字読み|大文字

TOHOZUMATO|TAMAKURAKAHETE|NETARUYOHA|TORIGANENANAKI|AKEBAAKENUTOMO

ローマ字読み|小文字

tohozumato|tamakurakahete|netaruyoha|toriganenanaki|akebaakenutomo

左注|左註

右柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|非略体|七夕

校異

特に無し

寛永版本

とほづまと,[寛]とほつまと,
たまくらかへて[寛],
ねたるよは[寛],
とりがねななき,[寛]とりかねなくな,
あけばあけぬとも,[寛]あけはあくとも,

巻数

第10巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました