万葉集2132番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2132番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2132番について

歌番号

2132番

原文

天雲之|外鴈鳴|従聞之|薄垂霜零|寒此夜者|[一云|弥益々尓|戀許曽増焉]

訓読

天雲の外に雁が音聞きしよりはだれ霜降り寒しこの夜は|[一云|いやますますに恋こそまされ]

かな読み

あまくもの|よそにかりがね|ききしより|はだれしもふり|さむしこのよは|[いやますますに|こひこそまされ]

カタカナ読み

アマクモノ|ヨソニカリガネ|キキシヨリ|ハダレシモフリ|サムシコノヨハ|[イヤマスマスニ|コヒコソマサレ]

ローマ字読み|大文字

AMAKUMONO|YOSONIKARIGANE|KIKISHIYORI|HADARESHIMOFURI|SAMUSHIKONOYOHA|[IYAMASUMASUNI|KOHIKOSOMASARE]

ローマ字読み|小文字

amakumono|yosonikarigane|kikishiyori|hadareshimofuri|samushikonoyoha|[iyamasumasuni|kohikosomasare]

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|動物|恋情

校異

特に無し

寛永版本

あまくもの[寛],
よそにかりがね,[寛]よそにかりかね,
ききしより[寛],
はだれしもふり,[寛]はたれしもふり,
さむしこのよは[寛],
[いやますますに[寛],
こひこそまされ][寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました