万葉集1850番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1850番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1850番について

歌番号

1850番

原文

朝旦|吾見柳|鴬之|来居而應鳴|森尓早奈礼

訓読

朝な朝な我が見る柳鴬の来居て鳴くべく森に早なれ

かな読み

あさなさな|わがみるやなぎ|うぐひすの|きゐてなくべく|もりにはやなれ

カタカナ読み

アサナサナ|ワガミルヤナギ|ウグヒスノ|キヰテナクベク|モリニハヤナレ

ローマ字読み|大文字

ASANASANA|WAGAMIRUYANAGI|UGUHISUNO|KIITENAKUBEKU|MORINIHAYANARE

ローマ字読み|小文字

asanasana|wagamiruyanagi|uguhisuno|kiitenakubeku|morinihayanare

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春雑歌|動物|季節|植物

校異

特に無し

寛永版本

あさなさな[寛],
わがみるやなぎ,[寛]わかみるやなき,
うぐひすの,[寛]うくひすの,
きゐてなくべく,[寛]きゐてなくへき,
もりにはやなれ[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました