万葉集2211番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2211番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2211番について

歌番号

2211番

原文

妹之紐|解登結而|立田山|今許曽黄葉|始而有家礼

訓読

妹が紐解くと結びて龍田山今こそもみちそめてありけれ

かな読み

いもがひも|とくとむすびて|たつたやま|いまこそもみち|そめてありけれ

カタカナ読み

イモガヒモ|トクトムスビテ|タツタヤマ|イマコソモミチ|ソメテアリケレ

ローマ字読み|大文字

IMOGAHIMO|TOKUTOMUSUBITE|TATSUTAYAMA|IMAKOSOMOMICHI|SOMETEARIKERE

ローマ字読み|小文字

imogahimo|tokutomusubite|tatsutayama|imakosomomichi|sometearikere

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|奈良県|生駒郡|地名|植物|季節

校異

特に無し

寛永版本

いもがひも,[寛]いもかひも,
とくとむすびて,[寛]とくとむすひて,
たつたやま[寛],
いまこそもみち[寛],
そめてありけれ,[寛]はしめたりけれ,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました