万葉集2307番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2307番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2307番について

歌番号

2307番

原文

於黄葉|置白露之|色葉二毛|不出跡念者|事之繁家口

訓読

黄葉に置く白露の色端にも出でじと思へば言の繁けく

かな読み

もみちばに|おくしらつゆの|いろはにも|いでじとおもへば|ことのしげけく

カタカナ読み

モミチバニ|オクシラツユノ|イロハニモ|イデジトオモヘバ|コトノシゲケク

ローマ字読み|大文字

MOMICHIBANI|OKUSHIRATSUYUNO|IROHANIMO|IDEJITOMOHEBA|KOTONOSHIGEKEKU

ローマ字読み|小文字

momichibani|okushiratsuyuno|irohanimo|idejitomoheba|kotonoshigekeku

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋相聞|問答|尫柜蹋

校異

特に無し

寛永版本

もみちばに,[寛]もみちはに,
おくしらつゆの[寛],
いろはにも[寛],
いでじとおもへば,[寛]いてしとおもへは,
ことのしげけく,[寛]ことのしけけく,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました