万葉集2146番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2146番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2146番について

歌番号

2146番

原文

山近|家哉可居|左小<壮>鹿乃|音乎聞乍|宿不勝鴨

訓読

山近く家や居るべきさを鹿の声を聞きつつ寐ねかてぬかも

かな読み

やまちかく|いへやをるべき|さをしかの|こゑをききつつ|いねかてぬかも

カタカナ読み

ヤマチカク|イヘヤヲルベキ|サヲシカノ|コヱヲキキツツ|イネカテヌカモ

ローマ字読み|大文字

YAMACHIKAKU|IHEYAORUBEKI|SAOSHIKANO|KOEOKIKITSUTSU|INEKATENUKAMO

ローマ字読み|小文字

yamachikaku|iheyaorubeki|saoshikano|koeokikitsutsu|inekatenukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|動物|恋情

校異

牡->壮【類】

寛永版本

やまちかく[寛],
いへやをるべき,[寛]いへやすむへき,
さをしかの[寛],
こゑをききつつ[寛],
いねかてぬかも[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました