万葉集2229番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2229番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2229番について

歌番号

2229番

原文

白露乎|玉作有|九月|在明之月夜|雖見不飽可聞

訓読

白露を玉になしたる九月の有明の月夜見れど飽かぬかも

かな読み

しらつゆを|たまになしたる|ながつきの|ありあけのつくよ|みれどあかぬかも

カタカナ読み

シラツユヲ|タマニナシタル|ナガツキノ|アリアケノツクヨ|ミレドアカヌカモ

ローマ字読み|大文字

SHIRATSUYUO|TAMANINASHITARU|NAGATSUKINO|ARIAKENOTSUKUYO|MIREDOAKANUKAMO

ローマ字読み|小文字

shiratsuyuo|tamaninashitaru|nagatsukino|ariakenotsukuyo|miredoakanukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|讃美

校異

特に無し

寛永版本

しらつゆを[寛],
たまになしたる[寛],
ながつきの,[寛]なかつきの,
ありあけのつくよ,[寛]ありあけのつきよ,
みれどあかぬかも,[寛]みれとあかぬかも,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました