万葉集1831番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1831番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1831番について

歌番号

1831番

原文

朝霧尓|之<努>々尓所沾而|喚子鳥|三船山従|喧渡所見

訓読

朝霧にしののに濡れて呼子鳥三船の山ゆ鳴き渡る見ゆ

かな読み

あさぎりに|しののにぬれて|よぶこどり|みふねのやまゆ|なきわたるみゆ

カタカナ読み

アサギリニ|シノノニヌレテ|ヨブコドリ|ミフネノヤマユ|ナキワタルミユ

ローマ字読み|大文字

ASAGIRINI|SHINONONINURETE|YOBUKODORI|MIFUNENOYAMAYU|NAKIWATARUMIYU

ローマ字読み|小文字

asagirini|shinononinurete|yobukodori|mifunenoyamayu|nakiwatarumiyu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春雑歌|吉野|地名|動物|季節|叙景

校異

怒->努【元】【類】

寛永版本

あさぎりに,[寛]あさきりに,
しののにぬれて,[寛]しぬぬにぬれて,
よぶこどり,[寛]よふことり,
みふねのやまゆ,[寛]みふねのやまに,
なきわたるみゆ[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました