万葉集1987番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1987番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1987番について

歌番号

1987番

原文

片搓尓|絲S曽吾搓|吾背兒之|花橘乎|将貫跡母日手

訓読

片縒りに糸をぞ我が縒る我が背子が花橘を貫かむと思ひて

かな読み

かたよりに|いとをぞわがよる|わがせこが|はなたちばなを|ぬかむとおもひて

カタカナ読み

カタヨリニ|イトヲゾワガヨル|ワガセコガ|ハナタチバナヲ|ヌカムトオモヒテ

ローマ字読み|大文字

KATAYORINI|ITOZOWAGAYORU|WAGASEKOGA|HANATACHIBANAO|NUKAMUTOMOHITE

ローマ字読み|小文字

katayorini|itozowagayoru|wagasekoga|hanatachibanao|nukamutomohite

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

夏相聞|植物

校異

特に無し

寛永版本

かたよりに[寛],
いとをぞわがよる,[寛]いとをそわかよる,
わがせこが,[寛]わかせこか,
はなたちばなを,[寛]はなたちはなを,
ぬかむとおもひて,[寛]ぬかむともひて,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました