万葉集1979番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1979番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1979番について

歌番号

1979番

原文

春之在者|酢軽成野之|霍公鳥|保等穂跡妹尓|不相来尓家里

訓読

春さればすがるなす野の霍公鳥ほとほと妹に逢はず来にけり

かな読み

はるされば|すがるなすのの|ほととぎす|ほとほといもに|あはずきにけり

カタカナ読み

ハルサレバ|スガルナスノノ|ホトトギス|ホトホトイモニ|アハズキニケリ

ローマ字読み|大文字

HARUSAREBA|SUGARUNASUNONO|HOTOTOGISU|HOTOHOTOIMONI|AHAZUKINIKERI

ローマ字読み|小文字

harusareba|sugarunasunono|hototogisu|hotohotoimoni|ahazukinikeri

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

夏相聞|動物

校異

特に無し

寛永版本

はるされば,[寛]はるされは,
すがるなすのの,[寛]すかるなるのの,
ほととぎす,[寛]ほとときす,
ほとほといもに[寛],
あはずきにけり,[寛]あはすきにけり,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました