万葉集1818番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1818番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1818番について

歌番号

1818番

原文

子等名丹|關之宜|朝妻之|片山木之尓|霞多奈引

訓読

子らが名に懸けのよろしき朝妻の片山崖に霞たなびく

かな読み

こらがなに|かけのよろしき|あさづまの|かたやまきしに|かすみたなびく

カタカナ読み

コラガナニ|カケノヨロシキ|アサヅマノ|カタヤマキシニ|カスミタナビク

ローマ字読み|大文字

KORAGANANI|KAKENOYOROSHIKI|ASAZUMANO|KATAYAMAKISHINI|KASUMITANABIKU

ローマ字読み|小文字

koraganani|kakenoyoroshiki|asazumano|katayamakishini|kasumitanabiku

左注|左註

右柿本朝臣人麻呂歌集出

事項|分類・ジャンル

春雑歌|非略体|御所市|奈良県|地名|季節|序詞

校異

歌【西】謌

寛永版本

こらがなに,[寛]これかなに,
かけのよろしき,[寛]つけのよろしき,
あさづまの,[寛]あさつまの,
かたやまきしに[寛],
かすみたなびく,[寛]かすみたなひく,

巻数

第10巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました