万葉集2272番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2272番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2272番について

歌番号

2272番

原文

秋就者|水草花乃|阿要奴蟹|思跡不知|直尓不相在者

訓読

秋づけば水草の花のあえぬがに思へど知らじ直に逢はざれば

かな読み

あきづけば|みくさのはなの|あえぬがに|おもへどしらじ|ただにあはざれば

カタカナ読み

アキヅケバ|ミクサノハナノ|アエヌガニ|オモヘドシラジ|タダニアハザレバ

ローマ字読み|大文字

AKIZUKEBA|MIKUSANOHANANO|AENUGANI|OMOHEDOSHIRAJI|TADANIAHAZAREBA

ローマ字読み|小文字

akizukeba|mikusanohanano|aenugani|omohedoshiraji|tadaniahazareba

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋相聞|植物|恋情

校異

特に無し

寛永版本

あきづけば,[寛]あきつけは,
みくさのはなの[寛],
あえぬがに,[寛]あにぬかに,
おもへどしらじ,[寛]おもへとしらし,
ただにあはざれば,[寛]たにあはされは,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました