万葉集2007番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2007番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2007番について

歌番号

2007番

原文

久方|天印等|水無<川>|隔而置之|神世之恨

訓読

ひさかたの天つしるしと水無し川隔てて置きし神代し恨めし

かな読み

ひさかたの|あまつしるしと|みなしがは|へだてておきし|かむよしうらめし

カタカナ読み

ヒサカタノ|アマツシルシト|ミナシガハ|ヘダテテオキシ|カムヨシウラメシ

ローマ字読み|大文字

HISAKATANO|AMATSUSHIRUSHITO|MINASHIGAHA|HEDATETEOKISHI|KAMUYOSHIURAMESHI

ローマ字読み|小文字

hisakatano|amatsushirushito|minashigaha|hedateteokishi|kamuyoshiurameshi

左注|左註

右柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|非略体|七夕

校異

河->川【元】【類】【京】

寛永版本

ひさかたの[寛],
あまつしるしと,[寛]あまのしるしと,
みなしがは,[寛]みなせかは,
へだてておきし,[寛]へたてておきし,
かむよしうらめし,[寛]かみよのうらみ,

巻数

第10巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました