万葉集2076番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2076番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2076番について

歌番号

2076番

原文

天漢|瀬乎早鴨|烏珠之|夜者闌尓乍|不合牽牛

訓読

天の川瀬を早みかもぬばたまの夜は更けにつつ逢はぬ彦星

かな読み

あまのがは|せをはやみかも|ぬばたまの|よはふけにつつ|あはぬひこほし

カタカナ読み

アマノガハ|セヲハヤミカモ|ヌバタマノ|ヨハフケニツツ|アハヌヒコホシ

ローマ字読み|大文字

AMANOGAHA|SEOHAYAMIKAMO|NUBATAMANO|YOHAFUKENITSUTSU|AHANUHIKOHOSHI

ローマ字読み|小文字

amanogaha|seohayamikamo|nubatamano|yohafukenitsutsu|ahanuhikohoshi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|七夕

校異

闌【元】【類】開

寛永版本

あまのがは,[寛]あまのかは,
せをはやみかも[寛],
ぬばたまの,[寛]ぬはたまの,
よはふけにつつ[寛],
あはぬひこほし[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました