万葉集2102番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2102番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2102番について

歌番号

2102番

原文

此暮|秋風吹奴|白露尓|荒争芽子之|明日将咲見

訓読

この夕秋風吹きぬ白露に争ふ萩の明日咲かむ見む

かな読み

このゆふへ|あきかぜふきぬ|しらつゆに|あらそふはぎの|あすさかむみむ

カタカナ読み

コノユフヘ|アキカゼフキヌ|シラツユニ|アラソフハギノ|アスサカムミム

ローマ字読み|大文字

KONOYUFUHE|AKIKAZEFUKINU|SHIRATSUYUNI|ARASOFUHAGINO|ASUSAKAMUMIMU

ローマ字読み|小文字

konoyufuhe|akikazefukinu|shiratsuyuni|arasofuhagino|asusakamumimu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|植物

校異

特に無し

寛永版本

このゆふへ[寛],
あきかぜふきぬ,[寛]あきかせふきぬ,
しらつゆに[寛],
あらそふはぎの,[寛]あらそふはきの,
あすさかむみむ[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました