万葉集2298番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2298番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2298番について

歌番号

2298番

原文

於君戀|之奈要浦觸|吾居者|秋風吹而|月斜焉

訓読

君に恋ひ萎えうらぶれ我が居れば秋風吹きて月かたぶきぬ

かな読み

きみにこひ|しなえうらぶれ|わがをれば|あきかぜふきて|つきかたぶきぬ

カタカナ読み

キミニコヒ|シナエウラブレ|ワガヲレバ|アキカゼフキテ|ツキカタブキヌ

ローマ字読み|大文字

KIMINIKOHI|SHINAEURABURE|WAGAOREBA|AKIKAZEFUKITE|TSUKIKATABUKINU

ローマ字読み|小文字

kiminikohi|shinaeurabure|wagaoreba|akikazefukite|tsukikatabukinu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋相聞|恋情|恋情

校異

特に無し

寛永版本

きみにこひ[寛],
しなえうらぶれ,[寛]しなえうらふれ,
わがをれば,[寛]わかをれは,
あきかぜふきて,[寛]あきかせふきて,
つきかたぶきぬ,[寛]つきかたふきぬ,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました