万葉集2196番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2196番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2196番について

歌番号

2196番

原文

四具礼能雨|無間之零者|真木葉毛|争不勝而|色付尓家里

訓読

しぐれの雨間なくし降れば真木の葉も争ひかねて色づきにけり

かな読み

しぐれのあめ|まなくしふれば|まきのはも|あらそひかねて|いろづきにけり

カタカナ読み

シグレノアメ|マナクシフレバ|マキノハモ|アラソヒカネテ|イロヅキニケリ

ローマ字読み|大文字

SHIGURENOAME|MANAKUSHIFUREBA|MAKINOHAMO|ARASOHIKANETE|IROZUKINIKERI

ローマ字読み|小文字

shigurenoame|manakushifureba|makinohamo|arasohikanete|irozukinikeri

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|植物|季節

校異

特に無し

寛永版本

しぐれのあめ,[寛]しくれのあめ,
まなくしふれば,[寛]まなくしふれは,
まきのはも[寛],
あらそひかねて[寛],
いろづきにけり,[寛]いろつきにけり,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました