万葉集2205番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2205番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2205番について

歌番号

2205番

原文

秋芽子乃|下葉赤|荒玉乃|月之歴去者|風疾鴨

訓読

秋萩の下葉もみちぬあらたまの月の経ぬれば風をいたみかも

かな読み

あきはぎの|したばもみちぬ|あらたまの|つきのへぬれば|かぜをいたみかも

カタカナ読み

アキハギノ|シタバモミチヌ|アラタマノ|ツキノヘヌレバ|カゼヲイタミカモ

ローマ字読み|大文字

AKIHAGINO|SHITABAMOMICHINU|ARATAMANO|TSUKINOHENUREBA|KAZEOITAMIKAMO

ローマ字読み|小文字

akihagino|shitabamomichinu|aratamano|tsukinohenureba|kazeoitamikamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|植物|季節

校異

特に無し

寛永版本

あきはぎの,[寛]あきはきの,
したばもみちぬ,[寛]したはもみちぬ,
あらたまの[寛],
つきのへぬれば,[寛]つきのへゆけは,
かぜをいたみかも,[寛]かせをいたみかも,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました