万葉集2118番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2118番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2118番について

歌番号

2118番

原文

朝霧之|棚引小野之|芽子花|今哉散濫|未猒尓

訓読

朝霧のたなびく小野の萩の花今か散るらむいまだ飽かなくに

かな読み

あさぎりの|たなびくをのの|はぎのはな|いまかちるらむ|いまだあかなくに

カタカナ読み

アサギリノ|タナビクヲノノ|ハギノハナ|イマカチルラム|イマダアカナクニ

ローマ字読み|大文字

ASAGIRINO|TANABIKUONONO|HAGINOHANA|IMAKACHIRURAMU|IMADAAKANAKUNI

ローマ字読み|小文字

asagirino|tanabikuonono|haginohana|imakachiruramu|imadaakanakuni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|植物|季節

校異

特に無し

寛永版本

あさぎりの,[寛]あさきりの,
たなびくをのの,[寛]たなひくをのの,
はぎのはな,[寛]はきのはな,
いまかちるらむ,[寛]いまやちるらむ,
いまだあかなくに,[寛]いまたあかなくに,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました