万葉集2295番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2295番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2295番について

歌番号

2295番

原文

我屋戸之|田葛葉日殊|色付奴|不<来>座君者|何情曽毛

訓読

我が宿の葛葉日に異に色づきぬ来まさぬ君は何心ぞも

かな読み

わがやどの|くずはひにけに|いろづきぬ|きまさぬきみは|なにごころぞも

カタカナ読み

ワガヤドノ|クズハヒニケニ|イロヅキヌ|キマサヌキミハ|ナニゴコロゾモ

ローマ字読み|大文字

WAGAYADONO|KUZUHAHINIKENI|IROZUKINU|KIMASANUKIMIHA|NANIGOKOROZOMO

ローマ字読み|小文字

wagayadono|kuzuhahinikeni|irozukinu|kimasanukimiha|nanigokorozomo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋相聞|植物

校異

->来【元】【類】【紀】

寛永版本

わがやどの,[寛]わかやとの,
くずはひにけに,[寛]くすはひにけに,
いろづきぬ,[寛]いろつきぬ,
きまさぬきみは[寛],
なにごころぞも,[寛]なにこころそも,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました