万葉集2129番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2129番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2129番について

歌番号

2129番

原文

明闇之|朝霧隠|鳴而去|鴈者言戀|於妹告社

訓読

明け暮れの朝霧隠り鳴きて行く雁は我が恋妹に告げこそ

かな読み

あけぐれの|あさぎりごもり|なきてゆく|かりはあがこひ|いもにつげこそ

カタカナ読み

アケグレノ|アサギリゴモリ|ナキテユク|カリハアガコヒ|イモニツゲコソ

ローマ字読み|大文字

AKEGURENO|ASAGIRIGOMORI|NAKITEYUKU|KARIHAAGAKOHI|IMONITSUGEKOSO

ローマ字読み|小文字

akegureno|asagirigomori|nakiteyuku|karihaagakohi|imonitsugekoso

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|動物

校異

特に無し

寛永版本

あけぐれの,[寛]あけくれの,
あさぎりごもり,[寛]あさきりかくれ,
なきてゆく[寛],
かりはあがこひ,[寛]かりはわかこひ,
いもにつげこそ,[寛]いもにつけこそ,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました