万葉集1871番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1871番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1871番について

歌番号

1871番

原文

春去者|散巻惜|梅花|片時者不咲|含而毛欲得

訓読

春されば散らまく惜しき梅の花しましは咲かずふふみてもがも

かな読み

はるされば|ちらまくをしき|うめのはな|しましはさかず|ふふみてもがも

カタカナ読み

ハルサレバ|チラマクヲシキ|ウメノハナ|シマシハサカズ|フフミテモガモ

ローマ字読み|大文字

HARUSAREBA|CHIRAMAKUOSHIKI|UMENOHANA|SHIMASHIHASAKAZU|FUFUMITEMOGAMO

ローマ字読み|小文字

harusareba|chiramakuoshiki|umenohana|shimashihasakazu|fufumitemogamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春雑歌|植物|哀惜

校異

梅【矢】【京】桜

寛永版本

はるされば,[寛]はるされは,
ちらまくをしき[寛],
うめのはな,[寛]さくらはな,
しましはさかず,[寛]しはしはさかて,
ふふみてもがも,[寛]つほみてもかな,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました