万葉集2341番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2341番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2341番について

歌番号

2341番

原文

思出|時者為便無|豊國之|木綿山雪之|可消<所>念

訓読

思ひ出づる時はすべなみ豊国の由布山雪の消ぬべく思ほゆ

かな読み

おもひいづる|ときはすべなみ|とよくにの|ゆふやまゆきの|けぬべくおもほゆ

カタカナ読み

オモヒイヅル|トキハスベナミ|トヨクニノ|ユフヤマユキノ|ケヌベクオモホユ

ローマ字読み|大文字

OMOHIIZURU|TOKIHASUBENAMI|TOYOKUNINO|YUFUYAMAYUKINO|KENUBEKUOMOHOYU

ローマ字読み|小文字

omohiizuru|tokihasubenami|toyokunino|yufuyamayukino|kenubekuomohoyu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

冬相聞|大分|地名|懐旧|恋情|序詞

校異

可->所【西(右書)】【元】【類】【紀】

寛永版本

おもひいづる,[寛]おもひいつる,
ときはすべなみ,[寛]ときはすへなみ,
とよくにの[寛],
ゆふやまゆきの[寛],
けぬべくおもほゆ,[寛]けぬへくおもほゆ,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました