万葉集2195番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2195番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2195番について

歌番号

2195番

原文

鴈之鳴|聲聞苗荷|明日従者|借香能山者|黄始南

訓読

雁がねの声聞くなへに明日よりは春日の山はもみちそめなむ

かな読み

かりがねの|こゑきくなへに|あすよりは|かすがのやまは|もみちそめなむ

カタカナ読み

カリガネノ|コヱキクナヘニ|アスヨリハ|カスガノヤマハ|モミチソメナム

ローマ字読み|大文字

KARIGANENO|KOEKIKUNAHENI|ASUYORIHA|KASUGANOYAMAHA|MOMICHISOMENAMU

ローマ字読み|小文字

kariganeno|koekikunaheni|asuyoriha|kasuganoyamaha|momichisomenamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|奈良|地名|動物|季節

校異

特に無し

寛永版本

かりがねの,[寛]かりかねの,
こゑきくなへに[寛],
あすよりは,[寛]あすかよりは,
かすがのやまは,[寛]かすかのやまは,
もみちそめなむ[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました