万葉集2068番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2068番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2068番について

歌番号

2068番

原文

天原|振放見者|天漢|霧立渡|公者来良志

訓読

天の原降り放け見れば天の川霧立ちわたる君は来ぬらし

かな読み

あまのはら|ふりさけみれば|あまのがは|きりたちわたる|きみはきぬらし

カタカナ読み

アマノハラ|フリサケミレバ|アマノガハ|キリタチワタル|キミハキヌラシ

ローマ字読み|大文字

AMANOHARA|FURISAKEMIREBA|AMANOGAHA|KIRITACHIWATARU|KIMIHAKINURASHI

ローマ字読み|小文字

amanohara|furisakemireba|amanogaha|kiritachiwataru|kimihakinurashi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|七夕

校異

特に無し

寛永版本

あまのはら[寛],
ふりさけみれば,[寛]ふりさけみれは,
あまのがは,[寛]あまのかは,
きりたちわたる[寛],
きみはきぬらし[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました