万葉集2241番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2241番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2241番について

歌番号

2241番

原文

秋夜|霧發渡|<凡>々|夢見|妹形矣

訓読

秋の夜の霧立ちわたりおほほしく夢にぞ見つる妹が姿を

かな読み

あきのよの|きりたちわたり|おほほしく|いめにぞみつる|いもがすがたを

カタカナ読み

アキノヨノ|キリタチワタリ|オホホシク|イメニゾミツル|イモガスガタヲ

ローマ字読み|大文字

AKINOYONO|KIRITACHIWATARI|OHOHOSHIKU|IMENIZOMITSURU|IMOGASUGATAO

ローマ字読み|小文字

akinoyono|kiritachiwatari|ohohoshiku|imenizomitsuru|imogasugatao

左注|左註

右柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

秋相聞|略体|恋情

校異

夙->凡【万葉考】

寛永版本

あきのよの[寛],
きりたちわたり,[寛]きりたちわたる,
おほほしく,[寛]あさなさな,
いめにぞみつる,[寛]ゆめのことみる,
いもがすがたを,[寛]いもかすかたを,

巻数

第10巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました