万葉集2273番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2273番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2273番について

歌番号

2273番

原文

何為等加|君乎将猒|秋芽子乃|其始花之|歡寸物乎

訓読

何すとか君をいとはむ秋萩のその初花の嬉しきものを

かな読み

なにすとか|きみをいとはむ|あきはぎの|そのはつはなの|うれしきものを

カタカナ読み

ナニストカ|キミヲイトハム|アキハギノ|ソノハツハナノ|ウレシキモノヲ

ローマ字読み|大文字

NANISUTOKA|KIMIOITOHAMU|AKIHAGINO|SONOHATSUHANANO|URESHIKIMONO

ローマ字読み|小文字

nanisutoka|kimioitohamu|akihagino|sonohatsuhanano|ureshikimono

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋相聞|植物|問答

校異

特に無し

寛永版本

なにすとか[寛],
きみをいとはむ[寛],
あきはぎの,[寛]あきはきの,
そのはつはなの[寛],
うれしきものを[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました