万葉集2326番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2326番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2326番について

歌番号

2326番

原文

梅花|先開枝<乎>|手折而者|褁常名付而|与副手六香聞

訓読

梅の花まづ咲く枝を手折りてばつとと名付けてよそへてむかも

かな読み

うめのはな|まづさくえだを|たをりてば|つととなづけて|よそへてむかも

カタカナ読み

ウメノハナ|マヅサクエダヲ|タヲリテバ|ツトトナヅケテ|ヨソヘテムカモ

ローマ字読み|大文字

UMENOHANA|MAZUSAKUEDAO|TAORITEBA|TSUTOTONAZUKETE|YOSOHETEMUKAMO

ローマ字読み|小文字

umenohana|mazusakuedao|taoriteba|tsutotonazukete|yosohetemukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

冬雑歌|植物|比喩

校異

->乎【元】【類】【紀】

寛永版本

うめのはな[寛],
まづさくえだを,[寛]まつさくえたを,
たをりてば,[寛]たをりては,
つととなづけて,[寛]つととなつけて,
よそへてむかも[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました