万葉集2293番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2293番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2293番について

歌番号

2293番

原文

咲友|不知師有者|黙然将有|此秋芽子乎|令視管本名

訓読

咲けりとも知らずしあらば黙もあらむこの秋萩を見せつつもとな

かな読み

さけりとも|しらずしあらば|もだもあらむ|このあきはぎを|みせつつもとな

カタカナ読み

サケリトモ|シラズシアラバ|モダモアラム|コノアキハギヲ|ミセツツモトナ

ローマ字読み|大文字

SAKERITOMO|SHIRAZUSHIARABA|MODAMOARAMU|KONOAKIHAGIO|MISETSUTSUMOTONA

ローマ字読み|小文字

sakeritomo|shirazushiaraba|modamoaramu|konoakihagio|misetsutsumotona

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋相聞|植物

校異

特に無し

寛永版本

さけりとも,[寛]さきぬとも,
しらずしあらば,[寛]しらすしあらは,
もだもあらむ,[寛]もたもあらむ,
このあきはぎを,[寛]このあきはきを,
みせつつもとな[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました