万葉集2333番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2333番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2333番について

歌番号

2333番

原文

零雪|虚空可消|雖戀|相依無|月經在

訓読

降る雪の空に消ぬべく恋ふれども逢ふよしなしに月ぞ経にける

かな読み

ふるゆきの|そらにけぬべく|こふれども|あふよしなしに|つきぞへにける

カタカナ読み

フルユキノ|ソラニケヌベク|コフレドモ|アフヨシナシニ|ツキゾヘニケル

ローマ字読み|大文字

FURUYUKINO|SORANIKENUBEKU|KOFUREDOMO|AFUYOSHINASHINI|TSUKIZOHENIKERU

ローマ字読み|小文字

furuyukino|soranikenubeku|kofuredomo|afuyoshinashini|tsukizohenikeru

左注|左註

右柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

冬相聞|略体|恋情

校異

特に無し

寛永版本

ふるゆきの[寛],
そらにけぬべく,[寛]そらにけぬへく,
こふれども,[寛]こふれとも,
あふよしなしに,[寛]あふよしをなみ,
つきぞへにける,[寛]つきそへにける,

巻数

第10巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました