万葉集2206番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2206番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2206番について

歌番号

2206番

原文

真十鏡|見名淵山者|今日鴨|白露置而|黄葉将散

訓読

まそ鏡南淵山は今日もかも白露置きて黄葉散るらむ

かな読み

まそかがみ|みなぶちやまは|けふもかも|しらつゆおきて|もみちちるらむ

カタカナ読み

マソカガミ|ミナブチヤマハ|ケフモカモ|シラツユオキテ|モミチチルラム

ローマ字読み|大文字

MASOKAGAMI|MINABUCHIYAMAHA|KEFUMOKAMO|SHIRATSUYUOKITE|MOMICHICHIRURAMU

ローマ字読み|小文字

masokagami|minabuchiyamaha|kefumokamo|shiratsuyuokite|momichichiruramu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|飛鳥|地名|季節|枕詞

校異

特に無し

寛永版本

まそかがみ,[寛]まそかかみ,
みなぶちやまは,[寛]みなふちやまは,
けふもかも[寛],
しらつゆおきて[寛],
もみちちるらむ[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました