万葉集2247番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2247番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2247番について

歌番号

2247番

原文

秋田之|穂向之所依|片縁|吾者物念|都礼無物乎

訓読

秋の田の穂向きの寄れる片寄りに我れは物思ふつれなきものを

かな読み

あきのたの|ほむきのよれる|かたよりに|われはものもふ|つれなきものを

カタカナ読み

アキノタノ|ホムキノヨレル|カタヨリニ|ワレハモノモフ|ツレナキモノヲ

ローマ字読み|大文字

AKINOTANO|HOMUKINOYORERU|KATAYORINI|WAREHAMONOMOFU|TSURENAKIMONO

ローマ字読み|小文字

akinotano|homukinoyoreru|katayorini|warehamonomofu|tsurenakimono

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋相聞|植物|恋情

校異

特に無し

寛永版本

あきのたの[寛],
ほむきのよれる,[寛]おむけのよする,
かたよりに[寛],
われはものもふ,[寛]われはものおもふ,
つれなきものを[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました