万葉集2267番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2267番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2267番について

歌番号

2267番

原文

左小<壮>鹿之|朝伏小野之|草若美|隠不得而|於人所知名

訓読

さを鹿の朝伏す小野の草若み隠らひかねて人に知らゆな

かな読み

さをしかの|あさふすをのの|くさわかみ|かくらひかねて|ひとにしらゆな

カタカナ読み

サヲシカノ|アサフスヲノノ|クサワカミ|カクラヒカネテ|ヒトニシラユナ

ローマ字読み|大文字

SAOSHIKANO|ASAFUSUONONO|KUSAWAKAMI|KAKURAHIKANETE|HITONISHIRAYUNA

ローマ字読み|小文字

saoshikano|asafusuonono|kusawakami|kakurahikanete|hitonishirayuna

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋相聞|動物|秘密

校異

牡->壮【類】

寛永版本

さをしかの[寛],
あさふすをのの[寛],
くさわかみ[寛],
かくらひかねて,[寛]かくろひかねて,
ひとにしらゆな,[寛]ひとにしらるな,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました