万葉集2216番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2216番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2216番について

歌番号

2216番

原文

古郷之|始黄葉乎|手折<以>|今日曽吾来|不見人之為

訓読

故郷の初黄葉を手折り持ち今日ぞ我が来し見ぬ人のため

かな読み

ふるさとの|はつもみちばを|たをりもち|けふぞわがこし|みぬひとのため

カタカナ読み

フルサトノ|ハツモミチバヲ|タヲリモチ|ケフゾワガコシ|ミヌヒトノタメ

ローマ字読み|大文字

FURUSATONO|HATSUMOMICHIBAO|TAORIMOCHI|KEFUZOWAGAKOSHI|MINUHITONOTAME

ローマ字読み|小文字

furusatono|hatsumomichibao|taorimochi|kefuzowagakoshi|minuhitonotame

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|植物

校異

以而->以【元】【類】

寛永版本

ふるさとの[寛],
はつもみちばを,[寛]はつもみちはを,
たをりもち[寛],
けふぞわがこし,[寛]けふそわかくる,
みぬひとのため[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました