万葉集2119番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2119番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2119番について

歌番号

2119番

原文

戀之久者|形見尓為与登|吾背子我|殖之秋芽子|花咲尓家里

訓読

恋しくは形見にせよと我が背子が植ゑし秋萩花咲きにけり

かな読み

こひしくは|かたみにせよと|わがせこが|うゑしあきはぎ|はなさきにけり

カタカナ読み

コヒシクハ|カタミニセヨト|ワガセコガ|ウヱシアキハギ|ハナサキニケリ

ローマ字読み|大文字

KOHISHIKUHA|KATAMINISEYOTO|WAGASEKOGA|UESHIAKIHAGI|HANASAKINIKERI

ローマ字読み|小文字

kohishikuha|kataminiseyoto|wagasekoga|ueshiakihagi|hanasakinikeri

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|植物

校異

特に無し

寛永版本

こひしくは[寛],
かたみにせよと[寛],
わがせこが,[寛]わかせこか,
うゑしあきはぎ,[寛]うゑしあきはき,
はなさきにけり[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました