万葉集2210番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2210番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2210番について

歌番号

2210番

原文

明日香河|黄葉流|葛木|山之木葉者|今之<落>疑

訓読

明日香川黄葉流る葛城の山の木の葉は今し散るらし

かな読み

あすかがは|もみちばながる|かづらきの|やまのこのはは|いましちるらし

カタカナ読み

アスカガハ|モミチバナガル|カヅラキノ|ヤマノコノハハ|イマシチルラシ

ローマ字読み|大文字

ASUKAGAHA|MOMICHIBANAGARU|KAZURAKINO|YAMANOKONOHAHA|IMASHICHIRURASHI

ローマ字読み|小文字

asukagaha|momichibanagaru|kazurakino|yamanokonohaha|imashichirurashi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|飛鳥|地名|植物|季節

校異

散->落【元】【類】

寛永版本

あすかがは,[寛]あすかかは,
もみちばながる,[寛]もみちはなかる,
かづらきの,[寛]かつらきの,
やまのこのはは[寛],
いましちるらし[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました