万葉集1839番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1839番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1839番について

歌番号

1839番

原文

為君|山田之澤|恵具採跡|雪消之水尓|裳裾所沾

訓読

君がため山田の沢にゑぐ摘むと雪消の水に裳の裾濡れぬ

かな読み

きみがため|やまたのさはに|ゑぐつむと|ゆきげのみづに|ものすそぬれぬ

カタカナ読み

キミガタメ|ヤマタノサハニ|ヱグツムト|ユキゲノミヅニ|モノスソヌレヌ

ローマ字読み|大文字

KIMIGATAME|YAMATANOSAHANI|EGUTSUMUTO|YUKIGENOMIZUNI|MONOSUSONURENU

ローマ字読み|小文字

kimigatame|yamatanosahani|egutsumuto|yukigenomizuni|monosusonurenu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春雑歌|地名|植物|恋情

校異

特に無し

寛永版本

きみがため,[寛]きみかため,
やまたのさはに[寛],
ゑぐつむと,[寛]ゑくつむと,
ゆきげのみづに,[寛]ゆきけのみつに,
ものすそぬれぬ[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました