万葉集2317番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2317番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2317番について

歌番号

2317番

原文

殊落者|袖副沾而|可通|将落雪之|空尓消二管

訓読

こと降らば袖さへ濡れて通るべく降りなむ雪の空に消につつ

かな読み

ことふらば|そでさへぬれて|とほるべく|ふりなむゆきの|そらにけにつつ

カタカナ読み

コトフラバ|ソデサヘヌレテ|トホルベク|フリナムユキノ|ソラニケニツツ

ローマ字読み|大文字

KOTOFURABA|SODESAHENURETE|TOHORUBEKU|FURINAMUYUKINO|SORANIKENITSUTSU

ローマ字読み|小文字

kotofuraba|sodesahenurete|tohorubeku|furinamuyukino|soranikenitsutsu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

冬雑歌

校異

特に無し

寛永版本

ことふらば,[寛]ことふらは,
そでさへぬれて,[寛]それさへぬれて,
とほるべく,[寛]とおるへく,
ふりなむゆきの,[寛]ふらむをゆきの,
そらにけにつつ[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました