万葉集2259番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2259番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2259番について

歌番号

2259番

原文

秋芽子之|上尓白霧|毎置|見管曽思<怒>布|君之光儀<呼>

訓読

秋萩の上に白露置くごとに見つつぞ偲ふ君が姿を

かな読み

あきはぎの|うへにしらつゆ|おくごとに|みつつぞしのふ|きみがすがたを

カタカナ読み

アキハギノ|ウヘニシラツユ|オクゴトニ|ミツツゾシノフ|キミガスガタヲ

ローマ字読み|大文字

AKIHAGINO|UHENISHIRATSUYU|OKUGOTONI|MITSUTSUZOSHINOFU|KIMIGASUGATAO

ローマ字読み|小文字

akihagino|uhenishiratsuyu|okugotoni|mitsutsuzoshinofu|kimigasugatao

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋相聞|植物|恋情

校異

努->怒【元】【類】【紀】|乎->呼【元】【類】【紀】

寛永版本

あきはぎの,[寛]あきはきの,
うへにしらつゆ[寛],
おくごとに,[寛]おくことに,
みつつぞしのふ,[寛]みつつそしのふ,
きみがすがたを,[寛]きみかすかたを,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました