万葉集2225番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2225番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2225番について

歌番号

2225番

原文

吾背子之|挿頭之芽子尓|置露乎|清見世跡|月者照良思

訓読

我が背子がかざしの萩に置く露をさやかに見よと月は照るらし

かな読み

わがせこが|かざしのはぎに|おくつゆを|さやかにみよと|つきはてるらし

カタカナ読み

ワガセコガ|カザシノハギニ|オクツユヲ|サヤカニミヨト|ツキハテルラシ

ローマ字読み|大文字

WAGASEKOGA|KAZASHINOHAGINI|OKUTSUYUO|SAYAKANIMIYOTO|TSUKIHATERURASHI

ローマ字読み|小文字

wagasekoga|kazashinohagini|okutsuyuo|sayakanimiyoto|tsukihaterurashi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|植物|属目

校異

特に無し

寛永版本

わがせこが,[寛]わかせこか,
かざしのはぎに,[寛]かさしのはきに,
おくつゆを[寛],
さやかにみよと[寛],
つきはてるらし[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました