万葉集2242番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2242番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2242番について

歌番号

2242番

原文

秋野|尾花末|生靡|心妹|依鴨

訓読

秋の野の尾花が末の生ひ靡き心は妹に寄りにけるかも

かな読み

あきののの|をばながうれの|おひなびき|こころはいもに|よりにけるかも

カタカナ読み

アキノノノ|ヲバナガウレノ|オヒナビキ|ココロハイモニ|ヨリニケルカモ

ローマ字読み|大文字

AKINONONO|OBANAGAURENO|OHINABIKI|KOKOROHAIMONI|YORINIKERUKAMO

ローマ字読み|小文字

akinonono|obanagaureno|ohinabiki|kokorohaimoni|yorinikerukamo

左注|左註

右柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

秋相聞|略体|植物|恋情

校異

特に無し

寛永版本

あきののの[寛],
をばながうれの,[寛]をはなかすゑの,
おひなびき,[寛]おとなひく,
こころはいもに[寛],
よりにけるかも[寛],

巻数

第10巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました