万葉集2174番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2174番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2174番について

歌番号

2174番

原文

秋田苅|借廬乎作|吾居者|衣手寒|露置尓家留

訓読

秋田刈る仮廬を作り我が居れば衣手寒く露ぞ置きにける

かな読み

あきたかる|かりいほをつくり|わがをれば|ころもでさむく|つゆぞおきにける

カタカナ読み

アキタカル|カリイホヲツクリ|ワガヲレバ|コロモデサムク|ツユゾオキニケル

ローマ字読み|大文字

AKITAKARU|KARIIHOTSUKURI|WAGAOREBA|KOROMODESAMUKU|TSUYUZOKINIKERU

ローマ字読み|小文字

akitakaru|kariihotsukuri|wagaoreba|koromodesamuku|tsuyuzokinikeru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|季節

校異

特に無し

寛永版本

あきたかる[寛],
かりいほをつくり[寛],
わがをれば,[寛]わかをれは,
ころもでさむく,[寛]ころもてさむし,
つゆぞおきにける,[寛]つゆおきにける,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました