万葉集2095番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2095番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2095番について

歌番号

2095番

原文

夕去|野邊秋芽子|末若|露枯|金待難

訓読

夕されば野辺の秋萩うら若み露にぞ枯るる秋待ちかてに

かな読み

ゆふされば|のへのあきはぎ|うらわかみ|つゆにぞかるる|あきまちかてに

カタカナ読み

ユフサレバ|ノヘノアキハギ|ウラワカミ|ツユニゾカルル|アキマチカテニ

ローマ字読み|大文字

YUFUSAREBA|NOHENOAKIHAGI|URAWAKAMI|TSUYUNIZOKARURU|AKIMACHIKATENI

ローマ字読み|小文字

yufusareba|nohenoakihagi|urawakami|tsuyunizokaruru|akimachikateni

左注|左註

右二首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|略体|植物|季節

校異

歌【西】謌

寛永版本

ゆふされば,[寛]ゆふされは,
のへのあきはぎ,[寛]のへのあきはき,
うらわかみ,[寛]すゑわかみ,
つゆにぞかるる,[寛]つゆにしかれて,
あきまちかてに,[寛]あきまちかたし,

巻数

第10巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました