万葉集2005番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2005番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2005番について

歌番号

2005番

原文

天地等|別之時従|自攦|然叙<年>而在|金待吾者

訓読

天地と別れし時ゆ己が妻しかぞ年にある秋待つ我れは

かな読み

あめつちと|わかれしときゆ|おのがつま|しかぞとしにある|あきまつわれは

カタカナ読み

アメツチト|ワカレシトキユ|オノガツマ|シカゾトシニアル|アキマツワレハ

ローマ字読み|大文字

AMETSUCHITO|WAKARESHITOKIYU|ONOGATSUMA|SHIKAZOTOSHINIARU|AKIMATSUWAREHA

ローマ字読み|小文字

ametsuchito|wakareshitokiyu|onogatsuma|shikazotoshiniaru|akimatsuwareha

左注|左註

右柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

秋雑歌|非略体|七夕

校異

手->年【万葉集童蒙抄】

寛永版本

あめつちと[寛],
わかれしときゆ[寛],
おのがつま,[寛]おのかつま,
しかぞとしにある,[寛]しかそてにある,
あきまつわれは[寛],

巻数

第10巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました