万葉集2300番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2300番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集2300番について

歌番号

2300番

原文

九月之|在明能月夜|有乍毛|君之来座者|吾将戀八方

訓読

九月の有明の月夜ありつつも君が来まさば我れ恋ひめやも

かな読み

ながつきの|ありあけのつくよ|ありつつも|きみがきまさば|あれこひめやも

カタカナ読み

ナガツキノ|アリアケノツクヨ|アリツツモ|キミガキマサバ|アレコヒメヤモ

ローマ字読み|大文字

NAGATSUKINO|ARIAKENOTSUKUYO|ARITSUTSUMO|KIMIGAKIMASABA|AREKOHIMEYAMO

ローマ字読み|小文字

nagatsukino|ariakenotsukuyo|aritsutsumo|kimigakimasaba|arekohimeyamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

秋相聞|恋情

校異

特に無し

寛永版本

ながつきの,[寛]なかつきの,
ありあけのつくよ,[寛]ありあけのつきよ,
ありつつも[寛],
きみがきまさば,[寛]きみかきまさは,
あれこひめやも,[寛]われこひむやも,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました