万葉集1857番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1857番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1857番について

歌番号

1857番

原文

毎年|梅者開友|空蝉之|<世>人<我>羊蹄|春無有来

訓読

年のはに梅は咲けどもうつせみの世の人我れし春なかりけり

かな読み

としのはに|うめはさけども|うつせみの|よのひとわれし|はるなかりけり

カタカナ読み

トシノハニ|ウメハサケドモ|ウツセミノ|ヨノヒトワレシ|ハルナカリケリ

ローマ字読み|大文字

TOSHINOHANI|UMEHASAKEDOMO|UTSUSEMINO|YONOHITOWARESHI|HARUNAKARIKERI

ローマ字読み|小文字

toshinohani|umehasakedomo|utsusemino|yonohitowareshi|harunakarikeri

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

春雑歌|植物|枕詞

校異

->世【西(右書)】【元】【類】【紀】,君->我【代精】

寛永版本

としのはに[寛],
うめはさけども,[寛]うめはさけとも,
うつせみの[寛],
よのひとわれし,[寛]よのひときみし,
はるなかりけり[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました